税金や修繕費がかかる

| 未分類 |

90年代のバブル崩壊まで、不動産の価格は常に上昇し続けるという「土地神話」、そして国の住宅政策や固定概念から持ち家を持つ事が当たり前のように思われていました。しかし、現在では不況や意識の変化もあり賃貸住宅を選択する人も増えています。住宅を買うことのデメリットも論ぜられるようになりました。それは税金や修繕費などのコストが予想以上にかかるリスクがあるということです。長期的に見て、固定資産税の増税、マンションなどの場合は管理費・修繕費積立の値上げがあるかもしれません。そして、故障によるリフォームの必要性は築年数がたつほど高まります。高齢になり収入が減った後に建物も古び、加速度的に修繕コストがかかるリスクがあるのです。そして、購入時に長期ローンを組んでいれば住宅ローンが払えなくなる可能性もあり、マイホームを売却しても売却価格とローン残高の差額が負債として残ります。地震などの天災に備え、火災・地震保険も必要です。
このように、住宅を購入すると、最初にまとまったお金を支払ったり、ローンを組んでゆとりがない上に、その後も住宅維持のためのお金に関する不安要素が将来にわたり発生します。家族構成や生活設計を考えて決断する必要があるでしょう。