初期費用がかかる

| 未分類 |

住宅を買うデメリットとして挙げられるポイントに、初期費用がかかるというものがあります。この費用はどのような性質があり、どれくらいの金額が必要になるのかを事前に理解しておくことが必要になります。住宅を購入する際には、住宅ローン以外にもさまざまな費用が必要になります。諸費用の合計金額は、住宅の購入価格の一定の割合が目安になり、購入前に自己資金として蓄えておくことが一般的です。また、固定資産税など、定期的に支払う費用もあるので、長期的に成る住宅購入の返済ではこのような費用に注意が必要です。
そして、住宅購入の諸費用としては仲介手数料があり、業者を介した場合には住宅の購入価格の一定の割合を支払う必要があります。又、売買契約時には、司法書士の方への報酬や各種の登記費用に加え、登記終了後にも幾つかの種類の費用が必要になります。
そして、金融機関からのローンでは、多くの場合融資を受けた時に一括で支払う事が必要で、金融機関によって支払方法が異なることが多くあります。更に、このローン借入時の手数料や生命保険への加入料なども別途必要になり、多くの費用が必要になるのです。そして、ローン借入時には火災保険料や各種の保険などが必要になり、これは建物の時価から算出される事になります。